小野寺良明 / 慶子 / Yoshiaki & Keiko Onodera

作家紹介:

2003年夏に大崎の万華鏡展で出会った美しい「現代万華鏡」に魅せられて、ステンドグラスの技術を習い、2006年よりオリジナルの万華鏡の制作を始める。

その後、人の一生にも似た「万華鏡の哲学的で神秘的な魅力」を沢山の人に伝えたいと考えるようになり、2012年より版画家、点描曼荼羅画家、キルト作家、デザイナー、写真家、シンガー、ピアニストといった様々なジャンルのアーティストとの「万華鏡のセッション」を積極的に試みる。

現在、展示会や店舗販売と並行して、文字通り「世界でただ一つ」の万華鏡のオーダーメイドも数多く手がけている。


プロフィール:

小野寺慶子

1973年: 桑沢デザイン研究所ドレスデザイン研究科卒

    ドレスデザイン、子供の造形教育に携わる

2006年:オリジナル万華鏡の制作を始める(k-glass)

2010年:「光で綴る12の万華鏡」展 (第17回谷中芸工展市田邸)

2011年:「薔薇の万華鏡展」 (仙台万華鏡美術館)

    「万華鏡とエッチングの小品展 」( 第18回谷中芸工展)

2012年:「星の万華鏡展」万華鏡楽会賞受賞(仙台万華鏡美術館)

    共作・下荒磯利泰氏

    「万華鏡とキルトの小品展」 ( 第19回 谷中芸工展)

2013 年: 個展  光のオムニバス「扉の向こうへ」展

     (六本木ストライプハウスギャラリー)    

     万華鏡映像作品「Kanata」リリース

2014年:「希望の万華鏡展」 出品(仙台万華鏡美術館)

     「ヒカリのカケラ展」(第21回 谷中芸工展)

2015年: 「陰陽の万華鏡展」出展 (第22回 谷中芸工展)

2016 年:「恋する万華鏡」「記憶のカケラ展」出展 (第23回谷中芸工展)

2017年:万華鏡世界大会(京都御池ギャラリー)

    音楽と万華鏡映像のコラボレーションイベント開催

    〜想いを歌に〜(ライブハウス音倉)なめかわまきこ氏

    青き星の音楽会(ライブハウス音倉)小川恵生、吉野ユウヤ氏

    万華鏡ワークショップ開催(日本フラワーデザイナーズ協会)

2018年:[芸術市場][キラッと女子] 展示販売会出品

    (ホテルニューオータニ、赤坂プリンスクラッシックハウス)


小野寺良明

1976年: 桑沢デザイン研究所インダストリアルデザイン研究科卒業

1977年: 第26回毎日デザイン賞

    特別課題奨励賞 「のりものにおける公と私」タクシーキャブ

1981年: 株式会社ロイ・デザインズ・ジャパン勤務

     AV機器、家電製品などの民生用機器デザインに携わる

1987年: 株式会社インターナショナルプロトタイプ研究所勤務

    プロダクトデザイン及びプロトタイプ製作に携わる

1995年:小野寺アートスタジオ設立

    インダストリアルデザイン・テクニカルイラストレーション

    民生用機器筐体設計・民生用機器機構設計

2013年:K-glass kaleidoscope 制作に参画

2015年:K-glass kaleidoscope  y line 制作

2018年:集英社「サライ」別冊「大人の逸品カタログ」にて販売


リンク:

K-glass / kaleidoscope


作品紹介1:カラスウリの万華鏡「ひと夜花」


作品紹介2:不思議の国のアリスより「夢」


作品紹介3:

y line-01 大宇宙シリーズ: Macrocosm(シルバー)/ Galaxy(ブルー)

y line-02 Cocktail`s collection: Champane (ゴールド)/  Mojito (グリーン) / Martini (ライトブルー)


Art Kaleidoscope Japan 日本のアート万華鏡の作家団体

アートとしての万華鏡 (kaleidoscope) の作家団体。日本の万華鏡作家の紹介、万華鏡作品の紹介、万華鏡の展示会、製作教室、ワークショップ、美術館、ギャラリーの情報やリンクなど。